あげポタBLOG

一覧へ戻る

先日、上尾市コミュニティセンター内で「めざましテレビ」の撮影が行われました。


インタビューを受けたのは、上尾市出身のスティールパン演奏者の小針彩菜さんです。


スティールパンとは、ドラム缶から作られた音階のある打楽器で、カリブ海最南端の島国トリニダード・トバコ共和国で発明されました。


こちらの楽器です↓↓(私は初めて見ました(゜-゜))



小針さんは大学在学中にスティールパンに出会い、2015年から2017年までスティールパンの本場トリニダード・トバコで活動していました。現地のバンドとも活動し、コンテストでは2度の優勝を果たしたそうです!


8月にコミュニティホールでライブがありますが、チケットは完売してしまったそうです。残念(;_;)


実際にインタビューの現場に立ち会いスティールパンの演奏を聴きましたが、見た目からは想像できないような会場全体に響く優しい音色でした。


インタビューの中盤では、小針さんがスティールパンとマリンバの同時演奏を披露してくれました!



素晴らしい演奏でした(;゚Д゚)


放送は8月20日(月)朝の6時15分~6時30分の間、「キラビト」のコーナーで放送されます!


みなさんぜひご覧ください!


そして、小針さんこれからも頑張ってください\(^o^)/


byフレッシャーズ