あげポタBLOG

一覧へ戻る

日本薬科大学がコラムを更新しました!

今回は『日本薬科大学 学生食堂(学食)はこんなトコロです!』ということで

日本薬科大学の学生食堂を紹介するコラムになっております!

是非ご覧ください!


 


↓以下、コラム内容一部抜粋


上尾市の皆様方は、日本薬科大学の名前をご存知でも、大学の施設等をご存じない方が多いのではないでしょうか。大学には多くの施設がありますが、今回は食堂(学食)にスポット当て、その概要をご紹介いたします。


Q1.食堂の名物料理ってあるの?


平成25年に学長の丁宗鐵先生(テレビ東京「主治医が見つかる診療所」に出演)が考案された「薬膳カレー」が名物となっております。地産地消を目指し、できるだけ地元の食材を使用するようにしているこのカレーは、埼玉県で採れた野菜や果物と様々なスパイスが含まれており、肉類を使用していません。食べるとスパイスの効果により、発汗作用を促進します。13種類の具材をしっかり煮込み一晩じっくりと寝かせることにより,味にコクと深みのある逸品となっています。教職員や学生だけでなく、学食にいらっしゃった様々な方々にも好評の、本学自慢のメニューの1つです。


Q2.ランチの営業時間って何時から何時まで?


月曜から金曜は、午前10時30分から午後2時、土曜は午前10時30分から午後1時15分までが営業時間となっております。なお、12時30分から1時までの間は午前の授業を終えた学生たちで大変混雑いたしますので、見学等で利用される場合は避けていただければ幸いです。


・・・続きはコラムページでご覧ください!


日本薬科大学 学生食堂(学食)はこんなトコロです!