トピックス

一覧へ戻る

事業所画像

日本薬科大学

はじめまして!日本薬科大学ボランティア研究部です!

  2018.2.13

私は日本薬科大学ボランティア研究部の6代目部長を務めております、2年の酒井駿太朗です。本日は、我がボランティア研究部のご紹介をいたします。よろしくお願いします!


 


 


日本薬科大学ボランティア研究部は、『ボランティア精神を培う』をモットーに活動する団体です。現在は1年生・2年生・顧問の先生を加えた、計19人で活動しております。この部活動で得た経験が、本学を出た後の社会人・医療人の礎となってくれればいいなと私は思っています。


 


次に、昨年行った主な活動をご紹介します。


学外では、大学・志久駅周辺のごみ拾い(5月・6月で1回ずつ)や、震災義援金募集(4月に2回)、赤十字社海外たすけあい募金活動、埼玉県内のイベントのお手伝い等を行いました。


 



↑地域清掃の様子


 


義援金募集では一度、上尾駅でReVA復興ボランティアチーム・上尾様と一緒に活動いたしました。



↑上尾駅での募金活動の様子。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!


イベントには伊奈町文化祭をはじめ、上尾市消費生活展・新座市灯明まつり・蓮田市市民祭りなどで一スタッフとして参加しました。


↑第36回上尾消費者生活展 かえっこバザールにて


 



↑蓮田市市民祭りでの給水ボランティア


 


また、学内では、4月に行われる入学式や10月下旬に開催される学園祭、時には度々行われるオープンキャンパスでの案内人も務めております。日本薬科大学さいたまキャンパスにお越しになることがございましたら、お気軽にお声がけください。


 


最後に、昨年から本学では地域連携推進課が新設されたため、ボランティア研究部は近隣自治体から活動依頼を受ける機会が例年に比べて多くなり、地域の人たちと接する機会が増えました。これを機に、これからも日本薬科大学ボランティア研究部は、様々なボランティア活動を通して、地域の皆様との交流を深めて参ります。何卒、よろしくお願い申し上げます。


 


また、この記事を最後までお読みいただきありがとうございました。この「あげポタ」リレーコラムでは、紹介文の他にも『キレイと健康をつくる☆薬学・漢方のマメ知識』コラムも多数掲載されています。わかりやすく親しみやすい内容になっておりますので、ぜひご覧になってください。


 


 


日本薬科大学ボランティア研究部


6代目部長  酒井 駿太朗