ノルバスク 通販エンペラー

ノルバスク5mg

ノルバスクはファイザー社が開発し販売する血圧を下げる薬です。血圧を長時間にわたって安定して下げる効果があり、他の降圧剤に比べて副作用も少ないので、高血圧症の治療によく使われています。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全の薬一覧はこちら


ノルバスク10mg

高血圧の治療薬として、第一選択薬であるカルシウム拮抗薬。血管の緊張を緩めることで血圧を下げます。効き目が良くて安全性も高く、安定した効果が期待できます。その中でも、ファイザー製薬の「ノルバスク」は世界的シェアを誇る先発品で、この商品は同社による海外製品版となっております。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全の薬一覧はこちら


ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)5mg

ACE阻害薬(塩酸ベナゼプリル)とカルシウム拮抗剤(アムロジピン)の2つの成分を組み合わせた、高血圧症のためのお薬です。 それぞれの有効成分が独自の方法で血圧を下げる働きをするため、より効率的に高血圧を改善し、脳卒中や心臓発作などの様な問題を予防してくれます。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全の薬一覧はこちら


ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg

ACE阻害薬(塩酸ベナゼプリル)とカルシウム拮抗剤(アムロジピン)の2つの成分を組み合わせた、高血圧症のためのお薬です。 それぞれの有効成分が独自の方法で血圧を下げる働きをするため、より効率的に高血圧を改善し、脳卒中や心臓発作などの様な問題を予防してくれます。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全の薬一覧はこちら


ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg

アムロガード2.5mgは、カルシウム拮抗剤(アムロジピン)を有効成分とする高血圧症のためのお薬です。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全の薬一覧はこちら


ノルバスクジェネリック5mg(アムロガード)

カルシウム拮抗剤(アムロジピン)を有効成分として高血圧症のためのお薬です。

最安値を販売ページでチェック
高血圧・狭心症・心不全の薬一覧はこちら


 


ノルバスクの服用方法(飲み方)と注意事項

ノルバスクは狭心症や、高血圧の治療薬として利用される薬です。
服用の方法は高血圧治療と、狭心症の治療では異なります。
高血圧の場合だと成人はアムロジピン2.5mg~5mgを、1日に1回水か白湯で飲んでください。
高血圧の症状によって適宜アムロジピンの増減をしますが、効果が不十分であるのなら1日に1回10mgまでは増量が可能です。
6歳以上のお子さんが服用する場合は、2.5mgを1日に1回飲みます。
年齢や体重、症状などでアムロジピンの増減はありますが、最大で5mgまでです。
狭心症の治療は、1日に1回5mgを水か白湯で服用します。
仮に飲み忘れがあった場合は、気づいた時点で服用してください。
ただし前日分の飲み忘れを当日分と合わせて2回分として、服用するのはNGとなっています。
血圧は外的な要因だけではなく、内的な要因でも変化をするものです。
そのためノルバスクを飲むのなら、毎日同じ時間に血圧を測定して数値を記録しておくのが推奨されています。
注意点としてはノルバスクを服用することで血圧が下がり、めまいなどの症状を起こすことがある点です。
車の運転などを行う予定がある際には注意が必要です。
副作用としては顔の火照りや頭痛などが代表的でしょう。
軽度なものであれば、特に副作用のことで心配しなくても大丈夫です。
ただ症状が重い場合やしばらく服用を続けても改善しないのなら、ノルバスクの服用を中止してください。
使用ができない人としては妊婦さんや、ジヒドロピリジン系の化合物に過敏症がある人です。
また血圧が低い人や肝機能障害がある人、重篤な腎機能障害がある人などは慎重な判断が求められます。